住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

高齢者のためのリフォーム

もともと家族の中に高齢者が居る場合、あるいはマンションの所有者本人も含めて、住んでいるマンションを購入した時から年月がたって住人が高齢になったのでリフォームするケースがある。特にバリアフリーの工事の場合、介護保険から改修費の支給を受けられるケースがあるので念頭におく必要がある。

 

条件としては、要支援1か2、もしくは要介護1から5の認定を受けていること。認定されていれば一生涯のうちに20万円までの工事につき90%つまり18万円まで支給されるから自己負担は10%2万円で済む。20万円までなら工事を何回に分けても良い。また「支援」「介護」のランクが3段階以上あがった場合、例えば要支援1から要介護2にあがった場合、あるいは転居した場合などには改めて20万円までの工事について90%の助成を受けることが出来る。

 

リフォーム工事は要介護認定の手続き中でも並行して出来るが非該当になった場合、つまり対象になっている高齢者が亡くなってしまった場合などには工事費は全額負担となるので、この点も留意しておきたい。

 

リフォームの内容としては、手すりの取り付け、床の段差解消工事、滑り止め工事や反対に歩行しやすい床材への変更、開き戸やアコーディオンカーテンを扉に変更する工事、和式トイレを洋式に変更する工事、洋式トイレに手すりを取り付ける工事などがある。

 

介護保険の適用を受けるには条件がある。市町村の福祉窓口や、出入りのケアマネージャーに相談すると良い。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市