住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

子どものためのリフォーム

子どものために中古マンションをリフォームするケースの場合、最初に考えなければならないのは、子どもの気持ちだ。

 

子どもたちと良く話し合って、何を望んでいるかを把握すること。広さには限りがあることも認識させること。そのスペース内でどれだけのリフォームが可能か費用的にも制約があるので、或る程度希望は制限されるかもしれないこともあらかじめ話しておくこと。

 

よく考えられるリフォームのアイデアは、6畳程度のスペースを2人部屋にリフォームする案件だ。収納用家具を中央に設置して仕切りに使えば簡単に2分出来る。上部を空けておけば換気出来るから空調は1台で共通に使える。

 

スペースを立体的に使うアイデアもある。もっとも簡単なのは2段式ベッドの採用だろう。ほかにも収納家具の上部を居住スペースに仕立ててロフト風にする方法もある。2段ベッドもロフト風も耐震や防火には充分気を付けなければならない。

 

壁紙やカーテンの色彩によって陽気にもなるし、落ち着いた気分にもなる。この点にも注意を払おう。

 

兄弟や姉妹が仲良く暮らせること。最近ではひきこもりを予防するために子ども部屋の空間をあえて狭くすることも考えられている。

 

繰り返しになるが、居住する子どもの気持ちを最優先に考えること。ホテルルームのように一時的に暮らすわけではなく、毎日生活する場であることを念頭にリフォームすることを忘れずに。

 

施行を依頼する業者を選ぶにも、インテリアを学んだ女性スタッフや、心理学、教育学を学んだスタッフが相談相手になってくれるサービスもあるので考慮すると良いだろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市