住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォームの契約

中古マンションのリフォームを検討するなら、施行業者との間で書面による契約を交わすこと。最近は、ネットで広告したり訪問販売まがいに高齢者を狙って訪問してリフォームの注文を取る「リフォーム詐欺」も横行しているので、注意を要する。

 

特に高齢者や知的障害者を対象にした悪質な業者がある。第三者の立会いや成年後見制度を利用して未然に被害を防ぐようにしたい。リフォームする場合、地元の業者に依頼することが多いかもしれないが、知名度や評判にも気を配って情報収集した方が良い。

 

リフォームの意志が固まったら、まずどの場所をどのような目的でリフォームしたいか、レイアウトやデザインはどうしたいのかなど、自分の要望をまとめて、施行を依頼する予定の業者と契約する前に充分な打ち合わせをするべきである。あらかじめこちらで出せる予算の範囲も決めておく。

 

現状を知ってもらうために、下見してもらうのは当然だが、現在のマンションの図面を用意出来ると都合良い。構造に及ぶ変更ならなおさら図面が必要となる。

 

その上で見積依頼するが、業者から提出された見積書をチェックする時には、自分が要望した変更内容がすべて入っているかどうかをよくチェックすること。別途工事や工事車両の駐車スペースなど諸条件も書いてあるので注意して読むこと。ここまでは、良心的な業者ならすべて無料で行ってくれるはずである。

 

その上で契約となるが、契約書も署名捺印する前に、見積書どおりになっているかどうか。「工事請負契約書」「請負約款」「図面」などの確認、クリーングオフ制度について触れているかどうかなども良くチェックすることを忘れずに行うことだ。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市