住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

リフォーム出来る場所出来ない場所

中古マンションのリフォームを検討する場合、出来る場所と出来ない場所があることを認識しておく必要がある。なぜならマンションは共同住宅だから共有部分と専有部分があるからだ。

 

権利登記して所有権が成立している専有部分については、マンション敷地を住人で等分して得た所有権部分を除けば、自分の意志だけで自由にリフォームが可能だ。

 

だが気をつけなければならないのは、バルコニーには専有所有権がないことである。従って原則としてリフォーム出来ない。マンション1階に住んでいる住居に付属している専用庭にも専有所有権がない。共有部分なのにバルコニーや専用庭を普段自由に使っているのは、専用使用権が認められているからなのだ。同様に窓の外側や玄関扉の外側も勝手にリフォーム出来ない。

 

考えてみればこのような外装に当たる部分は、建物全体のデザインや色彩に影響を及ぼすことに気付くはずだ。自分のところだけ別の形や別の色彩にしたら、建物全体のイメージが異なったものになってしまう。

 

どうしても外装を含めたリフォームをしたいと考えるなら、マンション全体の住民集会や管理組合において賛成の決議をしてもらわなければならない。自分が住んでいる建物部分の内側、つまり部屋の中に居て自分の目が届く範囲のリフォームなら可能だと考えてまず間違いないだろう。

 

目に見えない配線や配管にリフォームが及ぶなら、用心するべきだ。「管理規則」を開いて確かめるか、知識豊富なマンション理事や管理人、あるいは施行を依頼する業者に相談した方が良いだろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市