住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

カーテンの役割と種類

中古マンションのリフォームでは、カーテンの使い方により今までの室内とは変わった雰囲気を作ることが出来る。

 

生地としては厚手のドレープカーテンとレースカーテンを二重吊りするのが一般的だが、その中間としてケースメントカーテンがある。透かし織りやからみ織りが多く、二重吊りではなく単体使用が多いようだ。

 

ドレープには豪華なジャガード織りやベルベットのようなパイル物、平織りなど種類が多く防炎やウオッシャブルの機能もある。

 

レースカーテンといえばふつうレース編みの製品を指すが、ボイル・シィアーのような薄手織物をレースとして扱っているケースもある。防災目的で難燃加工したものや、裏にポリウレタンなどをラミネートして遮光性をもたせたもの、最近では光触媒を使って防汚や高射光に強い製品もある。

 

カーテンの代わりにブラインドを使う手もある。材質には木製、アルミ、グラスファイバーが中心。横型が主流だが、縦型もある。羽根の間にレースをはさんだファッショナブルなものもある。

 

スクリーンを使う方法もある。チェーンやコードで上に巻き上げるタイプが多いが折り畳んであげるプリーツ式もある。無地のほかに織りやプリントも増えている。左右に移動するパネルスクリーンの場合はふつうのカーテンと同じ柄に仕立てて組み合わせて使用するのも良い。

 

窓ガラスに防災、防湿などの機能面をもたせるなら、カーテン、スクリーン、パネルなどはインテリヤ重視の使い方にポイントを置ける。贅沢かもしれないが、予算に見合うなら、個性を発揮した室内を演出するのには最適だろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市