住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

子ども部屋設備

中古マンションをリフォームして子ども部屋にする時に必要な設備として考えなければならないのは、子どもは勉強する、遊ぶ、物が増える、育つなど、おとなとは別の要素を考慮しなければならない。

 

勉強で近年問題になっているのは、視力。採光は視力にも健康にも重要な要素だ。照明も大切。LEDを使用した天井からの照明と手元のスタンド照明の両方を用意する。

 

電気はこのほかにもパソコンやミュージックプレイヤーなどに使うので、リフォームの時、コンセントの場所と数を増やしておくと良い。

 

床材にも気を配る。2階以上に住んでいるなら下の住人に配慮して衝撃の少ない材料を使う。同時に汚れと傷に強い素材を考える。

 

机や収納家具、ベッドなど生活まわりの生活必需品を組み合わせてその部屋に合ったオリジナルな家具を工夫するのもお薦めだ。小学生以上の子どものためにリフォームを考えるなら、本人も加えて家族会議を開いて検討すると良い。

 

子どもが2人以上いるので部屋を仕切ることを考えるなら、立体的に考えることも可能だ。例えば収納家具の上にベッドを作るとか、最初からロフト風に部屋を二分して階段を設けるケースもある。階段の下は収納スペースとして使える。子どもの物はすぐに増える。そこで収納には充分のスペースを取っておこう。

 

さらに成長に合わせて将来またリフォームすることを考えて変更しやすい間仕切りにしておくことも必要だろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市