住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

家族構成によるリフォーム

中古マンションをリフォームする時、まず考えるのは家族構成だろう。独身なのか夫婦2人だけか、子どもは何人いるか、親は同居しているかなどなど。それにより当然必要な部屋数もレイアウトも決まってくる。

 

子どもが居るなら、子ども部屋を作るのが常識になっている。もっとも最近はひきこもり防止のために子ども部屋を狭くして家族がそろうリビング・ダイニングに誘い出す工夫も考えられているようだ。

 

親が同居の場合は、和室を用意するか、あるいは介護のために出入りしやすい引き戸つきの大きな入口を持った洋室に稼動式のベッドを入れるのか。

 

子ども部屋や高齢者の移動を考えた動線も考慮したレイアウトの必要もあるだろう。

 

夫婦のためには寝室のなかに(別に寝室の外でもかまわないのだが)書斎や趣味を生かせる個室を作るとか、コレクション用に特注のケースを用意する、ペット中心の家庭なら、ペット用の場所や個室の用意もあるかもしれない。

 

いずれにせよ、家は家族がなかよく暮らす中心になることが肝心だから、家族構成と構成員の年令に見合ったレイアウトにすることが必要だ。家族会議を開いて充分に議論することも、リフォームをきっかけとした家族親睦の最上の機会となるだろう。

 

考えがまとまったら、メーカーの展示室や総合展示会場に足を運んで実用例を見学すること。この時も出来れば家族全員で行くと良い。家族団らんのチャンスだし、実物を見ると意見が違ってくることもあるだろうからだ。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市