住宅リフォーム業者探しの人気No1サイトはこちら!

トイレリフォーム

中古マンションのトイレをリフォームするケースとしては、和式を洋式に切り替える場合が多いだろう。あるいは、高齢者の便宜を図るケースや、介護が必要な人の場合は介助者のスペースや出入りをスムーズにするリフォームということになるだろう。

 

マンションの和式トイレは、段差を設けてあるので上段に合う洋式スタイルの便器を設置するのが簡単だが、床工事をして段差を取り払うこともある。この場合は構造躯体に影響する可能性があるのでマンション理事会にあらかじめ相談した方がよいだろう。

 

介護のためのリフォームでは、トイレだけではなく、居室や廊下を含めたリフォームを考えた方が良い。トイレを居室や寝室から距離的に近くにすること。介助者が楽に介助できるために充分にゆとりあるスペースを確保すること。介助者に助けられながら歩行して便器に坐るまでの動作に無理な姿勢を取らなくとも済むように、同時に介助者も楽に介助できるようにするには、かなり広いスペースを取ると同時に間口も広くした方がよい。福祉用具を入れたり置いたりする可能性も考慮すること。床面はつまずかないように段差をなくし、出来れば引き戸がよい。車椅子の移動も可能にしておく。室内の温度差も問題なので空調の用意も考慮する。また手すりは動線に沿ってたくさん付けて置いた方が何かと便利だ。

 

介護リフォームには介護保険から助成金が支給される。要支援、要介護の方のためにリフォームを考えるなら、ケアマネージャーか、もしくは市町村の福祉担当窓口に相談すると良いだろう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市